早わかり!木造住宅in千葉

home > 千葉の木造住宅について > 木造住宅のマイホームを千葉県で作る際は樹種に関しても知っておこう

木造住宅のマイホームを千葉県で作る際は樹種に関しても知っておこう

 県内には製材所が数多くありますから、千葉県は木造住宅を作るにもピッタリなエリアです。
さらに県内には木造住宅を得意とする建築会社も揃っているため、木造のマイホームを建てる場合でも依頼先を選びやすくなっています。
そこで、これから木をふんだんに使ったマイホームを建てるなら、樹種に着目しておくのがおすすめです。
どれも同じように見えますが、木は種類によって固さなどが全く違います。
色合いやコストなども異なりますから、それぞれの特性を把握して、使う場所に適した樹種をチョイスして欲しいところです。
とくに床は色合いだけでなく、部屋での過ごし方も加味してセレクトするのが良いと思います。
例えばラグなどを敷かずに直接座るなら、針葉樹系の柔らかい樹種を選ぶと良いかもしれません。
ただし床に傷などを極力付けたくない場合は、固い樹種を選ぶのも名案です。

 天然木は使い込むほどに飴色へ変化していくタイプもあれば、それほど変化は見られず、ホワイト系の色合いを保ったままのタイプもあります。
そのため木造住宅を建てる際に何か希望がある時は、千葉県の建築会社にどんどん相談してみましょう。
木造住宅の建築に優れ、木に詳しい業者なら色々アドバイスしてくれ、適切な樹種を提案してくれる筈です。
また、木材に節が見られるのも天然木ならではの特徴ですが、節の量自体は木材によって違います。
同じ樹種でも節がない物が最も高額で、節が増えるごとに値段は下がるのが基本です。
なので樹種を変更せずに建築費を抑えたい場合は、節の多い少ないで調整するのも1つの方法かもしれません。
そのほか同じ樹種でも色合いが違うケースも多いのですが、これは板に加工する部位によって差異が生じるのです。
主に赤み掛かった物と白み掛かった物があり、赤い方が白い物より耐久力は高いとされています。

 木造住宅を千葉県で作るなら、県内で伐採された木を選ぶのも得策です。
やはり家はその気候風土で熟成した木で建てるのが一番の筈ですから、県内産の木材を視野に入れると良いでしょう。
そして、自然の木材は人工物と違い、年数を重ねるごとに変化していきます。
完成した後も定期的にメンテナンスをした方が良いため、施工業者には長く付き合える地元の建築会社を選んでおくと便利です。
比較サイトを使えば効率的に施工業者を比べられるので、各社の特徴を踏まえつつ、信頼できる依頼先を探してみてはいかがでしょうか。
気に入った工務店やハウスメーカーを発見しましたら、資料を請求したり、イベントに出掛けるのが良いと思います。
木造住宅作りに秀でた建築会社なら、木材として使う樹々が生えている森林を巡ったり、加工現場も含め、魅力的な見学イベントの数々を企画している場合があるのです。

次の記事へ

カテゴリー