中古パソコンの選び方
2017.07.26

コーヒーとパソコンパーソナルコンピュータ、パソコンというのは精密機械であるため、当然ながらお値段が高額となっています。この高額なパソコンを、比較的金額を抑えた価格で購入できるのが中古パソコンです。ただし、もちろん中古パソコンは「誰かが使用したパソコン」です。ということで、中古パソコンには興味があるんだけど、大丈夫かなと思っている人のために、ここでは中古パソコンの選び方についてご紹介しましょう。
まず当然「価格」ですね。中古パソコンのなかにはもちろんすごく安い値段で販売されているものもありますが、あまり安すぎても逆に問題になることがあります。それが「性能」と「状態」です。「状態」は後ほど説明しますが、まずは「性能」についてです。中古パソコンはかなり昔のものも売られていますが、これだと性能的に問題と感じる人も多いでしょう。よって、「価格」は、それだけで選ぶのではなく、「性能」とのバランスを考えて、自分に最適なものを選びましょう。そしてそのパソコンの「状態」も、中古パソコン選びで重要なポイントです。その中古パソコンが「ジャンク品」または不具合があるかどうかを必ず確認しておきましょう。
パソコンに詳しい人なら修理もできるかもしれませんが、とくに初心者はジャンク品・欠損品の表記がある中古パソコンの購入はしないほうがよいでしょう。また、説明書や付属品があるかどうかもチェックしてください。付属品は、リカバリーディスクやOSインストールディスク、ドライバインストールディスクがあるほうが断然よいでしょう。OSがインストールされているかいないかを確認してみましょう。ちょっと前の中古パソコンでははOSがインストールされていないものがほとんどでしたが、最近ではOSがインストール済みのものもあります。
さらに、保証があるかどうかをチェックしましょう。中古パソコンのメーカー保証はたいていないものですが、中古パソコンの販売店では独自の保証をつけてくれるお店もあるので、そういったお店で購入したほうがよいでしょう。
また、日本の有名パソコンメーカーのパソコンは新品だととても高いことで有名ですが、中古だと日本製メーカーのパソコンも比較的安価で購入することができます。日本性メーカーのパソコンは高い分だけしっかりと作られているので、故障が心配な人はこのような中古パソコンを購入するとよいでしょう。
ただしもちろん、日本のメーカーのパソコンといっても中古なので絶対に壊れないということではありません。どんな中古パソコンでも、購入するときは上記のような不具合がないか、付属品の有無などをしっかりとチェックしましょう。

▲ ページトップへ