中古パソコンのセキュリティって大丈夫?
2017.07.26

夕方普通は新しいパソコンを購入すると、まずいろいろなソフトをインストールすることがあります。中古パソコンでもそれは同じです。パソコンでまず最初にインストールするソフトのひとつが、「セキュリティソフト」でしょう。これは意外に見落としてしまうかもしれませんが、とても重要なソフトです。たとえばネットをしているときに、パソコンに変なウイルスとかが侵入すると、大変なことになります。たとえばデータが流出したり、最悪の場合はパソコンが故障してしまう可能性まであります。これを未然に防いだり、侵入してきたウイルスなどを撃退してくれるのがセキュリティソフトです。
このウイルス対策ソフト・セキュリティソフトは、フリーソフトのものから高い値段がしても質の高いものまでさまざまなものがあります。中古パソコンを購入したときでも、当然セキュリティは気になりますね。パソコンでインターネットをする予定の人なら、パソコンを購入したら、新品や中古に関わらずウイルス対策ソフトをインストールしておきましょう。
インターネットから、いつパソコンにウイルスが入ってくるかわからないためです。実は著者も海外のサイトからウイルスのようなものが入ってきた経験がありますが、ウイルス対策ソフトを入れていたおかげで無事に撃退することができました。こういうソフトって、実際にウイルスが入ってくるまでそのありがたみがわからないものなんですよね。ですので、自分のパソコンにウイルスに侵入された経験がない人は、ウイルス対策ソフト・セキュリティソフトというのはとてもいざというときに役に立つ、非常に大切なソフトということを覚えておきましょう。中古パソコンでも、当然ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトが重要です。
また、問題がないものではありますが、中古パソコンでは最初からウイルス感染したものが販売されていることもあるようです。安全な方法は、データが初期化されていない中古パソコンなら初期化をして、セキュリティソフト・ウイルス対策ソフトをインストールするのがベストです。
また、中古パソコンが古いOSを使っている場合、新型のウイルスの対策ができないことがあるので、なるべく新しいOSにしたほうがよいでしょう。先ほども書いたように、ウイルスというのは感染してから対策したのでは遅いので、中古パソコンでもセキュリティソフトやウイルス対策ソフトをインストールするのがとても大切になります。

▲ ページトップへ